FC2ブログ

京浜急行のロングセラー!?

本日は、京急の話。
新1000形のスタイルバリエーション。

新1000形は、'06年までに作られた仲間はアルミ車体で全塗装されているのですが、'07年以後に作られた仲間はステンレス車体になっていて、見た目もだいぶ雰囲気が違います。
ステンレス車はこんな感じ。

180902_京急1000形1318_追浜付近
[EOS-1D MarkⅣ, EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM, 2018/9/2, 京急本線 京急田浦~追浜間]
新1000形1313F品川方のデハ1318号、2011年製の11次車。
ちょっと塗装をサボり気味(?)なのが私的には△ですけれど、まあ許してやろう。
ステンレスもちゃんと色を乗せたほうが綺麗だと思うんですけれどね、お金がかかるのが問題なんでしょうけれど。

180902_京急1000形1342_追浜付近
[EOS-1D MarkⅣ, EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM, 2018/9/2, 京急本線 京急田浦~追浜間]
新1000形1337Fの品川方デハ1342号。
調べてみるとこちらは2013年製の13次車。
02年に登場の新1000形はいまだに増え続けていて、2017年には17次車として36両が製造されているみたいです。
これはもう大ベストセラー?ですね。

ところで、このステンレス新1000形先頭車なのですが。
初期型新1000形の先頭写真と比べると、大きな違いに気づきました。
というのは、初期車の先頭車にはワイパーが見当たらないのです...「いやいやそんな訳ないだろう!?」と思ってちょっと調べてみてさらにビックリ。
5次型までのアルミ車は、なんとワイパーが隠されているのだそうです。
先頭部、白地に形式番号が描かれた部分が、巨大な「ワイパーカバー」になっていて、その中に格納されているだとか。
しかも、車両番号部分はペイントでもステッカーでもなく、打ち抜かれたスリット状になっているとのこと。
いやー、凄いですね、全然気づきませんでした!!
今度乗る時は先頭車に乗って確かめねば。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぼたパパ

Author:のぼたパパ
のぼたパパです。海老名市在住の撮り鉄屋です。もうじき40代も後半にさしかかろうという二児の父。私鉄の長編成の通勤電車が大好物...なのですが最近は短いやつもあれこれ撮っています。そこらへんの線路沿いでふらふらしていますので、見かけたら踏んづけないでお気軽にお声かけくださいませ。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示